Free Blog*仕事も趣味も

2018年になってフリーで働き始めた独身女フリーランサーです(^○^) フリーランスのこと、ノマドワークのこと、やっぱり気になる美容や健康、趣味のこととか書いていきます!

フリーになろうと思った理由 〜脱サラと独立と起業とフリーランス〜

そもそも、

デザイナーでもなく

エンジニアでもない一般的なOLだった私が

フリーになろうと思ったのは何故なのか?

とよく聞かれます。

 

私は会社員として、

営業、事務、人事など様々な経験をしました。

しかしどの職種であっても、

【業務の早い人の業務量が多い】

【その日の仕事がなくても定時までは帰れない】

【毎朝決まった時間に出勤する必要がある】

【お給料は業務量に比例しない】

などの不満をかかえつつ仕事をしていました。

 

自分で言うのもおこがましいですが、

私は基本的にはほかの社員の方よりも作業が早く、

平均して他の方の事務処理スピードの1.5倍ほどで

仕事をしていたと思います。

 

その分、追加で仕事を依頼されます。

 

しかしながらお給料は他の方と変わりません。

 

 

個人で作ったマニュアルなどを共有して

業務効率化に貢献しても

それに対してなんの対価もありません。

マニュアル作製は依頼されたものでもありませんが、

自分の業務に必要なので作成したものが多いです。

しかし、共有したことでほかの方もかなり助かっていましたし、

新しい方への引き継ぎにもとても有効でした。

 

 

 

と、愚痴のようになってしまいましたが、

会社に属している以上、

前述したことは仕方の無いことだと思います。

 

我慢して数年間はたらいてはいましたが、

ふとした時にオンラインでフリーランス募集している

広告を目にしました。(リモートワークの募集ですね)

 

内容を見ていると、専門職でなくても需要があることが分かったのです。

 

自分で自分の時間をマネジメントして、

数社契約できれば、

1社の報酬が月に3~5万円でも

フリーとして仕事して生活していけるのでは?と

思い立ったのです。

 

確かに会社に雇われるのは報酬変動のリスクも少なく、

安定と言えるのかも知れません。

また、業務タスクも1社分なので、正直言うと

フリーでお仕事するよりも

難易度は圧倒的に低いでしょう。

 

誤解を生む言い方ではありますが、

間違いなく、タスクの多様さや、

スケジュール管理は、雇われている時の方が容易でした。

 

一つ一つの業務の難易度はここでは除外して呼んでくださいね(*^^*)

 

それと、起業したりビジネスを立ち上げたり、というのは実はちょっとかじりました。

・・・が、私の人間性からか、うまくいかずに体調を崩してしまいました。

 

基本的にある程度のスピードで結果を出して来た人生なので、結果が思うように出ないことが続くとストレスが凄く、より働こうとして体を崩す傾向にあるようです。私。

 

 

暗い話はこんなもんにしておきましょう。。。

 

長々と書きましたが、

そんなこんなで、やってることは会社員に似てるけど在宅で自分で時間調整しながら受注量も決められる(仕事があれば・・・ですが)フリーランスとして働くことを選んで、日々精進しているわけでございますm(*_ _)m

 

 

今はたくさんのお取引先とお仕事させて頂くことが出来、

大変嬉しく思っていると同時に、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

少しでも気に入ってくれた方は読者登録してくれたら嬉しいです!

 

↑よろしくお願いします(*^▽^*)

 

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

 
フリーで働く! と決めたら読む本 (日経ビジネス人文庫)

フリーで働く! と決めたら読む本 (日経ビジネス人文庫)

 

 

f:id:ch4c01:20181025114407p:plain

スポンサードリンク