Free Blog*仕事も趣味も

2018年になってフリーで働き始めた独身女フリーランサーです(^○^) フリーランスのこと、ノマドワークのこと、やっぱり気になる美容や健康、趣味のこととか書いていきます!

ネタバレ満載!少年マンガ「この音とまれ!」を大人買いしたった!(1)

ずーーーーーーーっと前に、ブッコミ(名前変わってブッコミになってる電子コミックのやつ) 3巻まで無料で読んで面白かった、「この音とまれ!」を、この度amazonで一気に1〜17巻まで大人買いしました!

f:id:ch4c01:20180425005030j:image

特に今ライティングの仕事でこの漫画の依頼無いし、マンガやアニメのwebメディアで!お金をもらって記事執筆してる!この!私が!特別に、あらすじとかネタバレを含めて、私流でこのマンガの紹介をしちゃいます!(独断と偏見による個人ブログであることを最初にお伝えしておきます。そして調子にのった発言してスミマセンw)

気になる人は電子書籍でちょっと試し読みして見てね♪

<目次>

この音とまれ!」ってどんな話なの!?!?

この音とまれ! コミック 1-16巻セット

この音とまれ! コミック 1-16巻セット

 

これ、ジャンプSQで連載してる、“少年漫画”なんですよね。絵のタッチやテーマが少女漫画っぽいんですけど、スポ根マンガが華やかになったみたいなマンガです(語彙力w)。めっちゃ簡単に言うと、様々なタイプの高校生(主に男)が琴の部活で全国1位を目指して仲間を知り、成長していくお話。

 

個人的にはコミックス全ての巻頭にある、このカラーがめっちゃ綺麗で好きです。色も綺麗だし、繊細だったり華やかだったり、ちょっと話の中では無いようなコスプレさせてたり、めっちゃ全部見せたい!けどここでは14巻の巻頭カラーだけ。全部見たい人はご自身で購入して見てくださいw

f:id:ch4c01:20180425005046j:image

何が面白いかって言うと、もうほんと、読んでくれ!ってなるんだけど…あえて言うなら、少年漫画っぽく無いけど読みやすくてちゃんと少年漫画。。。うーん。こんなんじゃ全然わかんないよねw

 

主人公をはじめとして「人として未熟な部員」が親や友達との人間関係、自分との葛藤などの様々な壁にぶつかり、乗り越え、周りの人の言葉ですくい上げられて琴も心も成長してくその様に感情移入しまくりで、読んでるこっちが一喜一憂してしまうマンガって感じ。もちろん恋もあるよ!!!

作中のオリジナル曲は作者アミューさんのお母さんやお姉さんが作ってるそうです!それだけ琴に明るい人が描くからこそ、深いマンガになってるのかも!と思ってます∩^ω^∩

 

個人的に、女の子にも超読んでほしい少年漫画!女子高生とかにもきっと面白いと思ってもらえると思う。オススメします!

 

この音とまれ!登場人物のめっちゃ簡単な紹介

主要メンバー+αを簡単に紹介♪

  • 久遠愛(くどおちか)時瀬高校1年生。元超不良。高校入学後、祖父の大事にしてた箏曲部に入部する。主人公。
  • 鳳月さとわ(ほうづきさとわ)時瀬高校1年生。琴の名門・鳳月会の家元生まれで琴の実力もあり、美人。
  • 倉田武蔵(くらたたけぞう)時瀬高校2年生。箏曲部を1人で守っていた現在の部長。
  • 来栖姫呂(くるすひろ)時瀬高校2年生。昔少し琴をやっていた。問題児?
  • 足立実康(あだちさねやす)時瀬高校1年生。元々ギターをやっていた愛の仲間。
  • 水原光太(みずはらこうた)時瀬高校1年生。愛の仲間。人懐っこい性格。
  • 堺通孝(さかいみちたか)時瀬高校1年生。見た目が丸めの愛の仲間。
  • 高岡哲生(たかおかてつき)時瀬高校1年生。愛の親友。主席入学。金持ち。
  • 滝浪涼香(たきなみすずか)時瀬高校の教師で箏曲部の顧問。音楽エリート。

 

さてと…ここからはマジでネタバレしまくるからネタバレは読みたく無い人はここでブログからさよならしてください!

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(1)

この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 1 (ジャンプコミックス)

 

不良少年の久遠愛は、高校に入学して箏曲部に入部します。そこで出会ったメガネの先輩・倉田武蔵と共に、部として存続するために必要な5人の部員を確保するべく動きます。

 

琴の名門・鳳月会の家元生まれである鳳月さとわが実家から破門され、箏曲部に入部してきます。

 

その他、愛の前からの友達が箏曲部に入部し、不良の溜まり場として教頭先生に目をつけられることになります。箏曲部はそれに反発し、1ヶ月後にメンバー全員で全校生徒の前で琴を演奏し、聞いた人を納得させるというミッションに挑みます。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(2)

この音とまれ! 2 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 2 (ジャンプコミックス)

 

さとわが龍星群を演奏曲に選び、それぞれのメンバーが練習に励みます。部員が練習をする中でメンバー同士の仲が深まっていきます。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(3)

この音とまれ! 3 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 3 (ジャンプコミックス)

 

いよいよ全校生徒の前での発表、入りは上々でしたが、光太が途中入りをミスして全体の演奏が崩れ始めます。しかしさとわのフォローで持ち直し、愛のソロに続き、演奏が終わります。

 

結局、教頭先生を始め全校生徒が箏曲部を認めることになりました。

 

そしてその演奏をきっかけとして新たに、2年生の来栖姫呂が箏曲部に入部してきました。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(4)

この音とまれ! 4 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 4 (ジャンプコミックス)

 

自分のトラウマから、箏曲部でも人間関係を壊そうとした来栖でしたが、箏曲部は逆に来栖を受け入れます。

 

テストも無事に乗り切った箏曲部のメンバーは初めての大会を目指して「久遠」という曲をチョイスし、動き出します。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(5)

この音とまれ! 5 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 5 (ジャンプコミックス)

 

合同練習会に参加した際に、強豪校の演奏を聞いて倉田が取り乱し、部が始まって初めて愛と倉田が喧嘩をしてしまいます。

 

そんな中で来栖が副部長になると自ら言い出し、倉田は自分の家族にも見守られて愛と仲直りをしました。そして倉田は顧問の滝浪にやる気がないなら辞めてくれと言い切りますが、滝浪は顧問を継続すると言います。

 

滝浪の引率で箏曲部は合宿を行います。それぞれが成長を見せる中で、リズムで遅れをとる光太の姿がありました。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(6)

この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)

 

悩んでいた光太が夜布団にいないことで失踪したと勘違いしたメンバーは光太を捜索します。愛が見つけだすと光太は練習をしていました。

 

翌日の練習で滝浪は光太にアドバイスをし、それを見た愛も滝浪にアドバイスを求め、倉田との演奏を揃えることに成功します。

 

いよいよ大会当日がやって来て、強豪・私立明陵高校の演奏に時瀬の面々はビビります。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(7)

この音とまれ! 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

この音とまれ! 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

様々な高校が演奏を終える中、来栖が緊張で琴を倒してしまい、さとわと琴を守ろうとした愛が手を負傷してしまいます。

 

愛はその手を気づかれないようにして本番に出場しますが、怪我に気付いた倉田とさとわが動揺します。しかし光太が苦手にしていた箇所できっちり入れたことで全員が改めて演奏に集中して弾ききります。

 

ちなみにこの巻で、滝浪が音楽エリートであることが分かります。

 

この音とまれ!あらすじとネタバレ(8)

この音とまれ! 8 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 8 (ジャンプコミックス)

 

最優秀が東京の明陵と神奈川の珀音に決まります。時瀬は自分たちの次に演奏した珀音の演奏を聞いていません。

 

時瀬では文化祭が行われ、それぞれ部員もクラスの出し物の準備や当日運営を行い、箏曲部としては滝浪が編曲した曲を演奏し、成功を納めます。

 

そんな中、来栖は自分が倉田が好きだということに気付き、一人で悩みます。さとわもなんとなく自分の気持ちに気付き始めます。

 

この音とまれ!前半のまとめ

17巻分だから、全体のあらすじとか登場人物の説明したし、前半はここまでにしておきます。いよいよ恋の予兆が!ってところで全国目指して気合いを入れ直した8巻の終了!9巻以降のネタバレも楽しみですよね?(ね?←半分以上強制)

 

近日中に後半部分も書く予定なので、気になる方は楽しみにしていてくださいね(^○^)♪気になる人は電子書籍や一部無料で読める漫画アプリなどで試し読みしてみる琴をオススメします!

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます!読者登録はこちら(*^▽^*)

 

 

スポンサードリンク

 

f:id:ch4c01:20181025114407p:plain

スポンサードリンク